着物ローン地獄に陥った過去・・・

社会人になりたての22歳の頃でした。実家暮らしだったのでお給料をほとんどショッピングに使っていました。毎週のようにデパートに出掛け、服や靴、バッグに可愛い雑貨、気に入った物を買いまくっていました。

あるデパートで呼び止められたのです。「無料で試着出来るし、お茶も飲めるから寄って行きませんか?」と。
「えー?着物なんて成人式で着ただけだし、興味ないしなぁ」なんて考えているうちに巧みな言葉に誘われて店内へ。

「いらっしゃいませ」と和服姿の背の高いちょっとステキな男性店員Aが奥から出てきました。店内を見学しながら、将来結婚したら着物は必要だとか、一生の宝物だとか話を聞かされました。確かに若者でも「うわぁ、キレイな柄だな」と思う着物があってそれを察したAが「服の上から合わせてみましょうよ」と声をかけてきました。合わせるだけならと応じたら、我ながらなかなか似合っていてAはその着物に合わせる帯など手早く選んで次々合わせて見せてくれました。その日は楽しい思いをしてお茶もご馳走になって帰りました。

その後もすっかり顔を覚えられてしまい、試着を試しては帰る事が何度かありました。私はAのことがいつの間にか気になっていたのです。そうなると女は弱いもので興味がなかった着物の世界にハマっていき、着物の展示会などのイベントに招待されるとAに会いたい一心で出掛けたりしていました。

そしてあっという間に訪問着セットに色無地セット、なぜか大島紬、着物コートと次々購入してしまいお買い得と言われましたが約200万ローンを組んでしまいました。車のローンもあったのでさすがにボーナスを貰っても苦しかったです。でも、頑張って払い続けました。

そんなに貢いだのにAはまだ私に何か売りつけようとしました。さすがにそれきりデパート自体行くのをしばらく止めました。すっかり漬け込まれた訳です。
おまけに買った着物は一度も着る機会はなく実家のタンスの肥やし状態です。一度質屋に持って行きましたがあまりの安値に持ち帰りました。

現在結婚生活18年、稼ぎの少ない主人と暮らして節約節約の日々です。あの時にパパっと下心満々で衝動的に着物を買ってしまったバカな自分をぶん殴ってやりたいです!そのお金が今あればどんなに助かることか情けない...今は買い物に行っても店員が付いてくる店は騙されないように行きません。そして必要になった時に買う、将来に準備して買っても無駄になるだけということを心に誓って生きています!

このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.2.13